穏やかに暮らす

暮らしをシンプルにして、穏やかな毎日を過ごしたい。

家を整えて良かった、と思えたこと

先日、息子が急に「目が痛いんだよ。」と言い出しました。

 

「見せてごらん。」と言って、よく見ても、目が赤いわけでも無いし、

 

何かが出来てるわけでも無さそう。

 

でも、確かにいつもの息子の目と、何かが違う。

 

「眼科で診てもらおうか。」と、慌てて支度をして出かけました。

 

途中で家事を中断したので、台所も散らかったまま、洗濯物も山積み、

 

テレビのリモコンも出しっ放し。

 

家の中が荒れ放題でしたが、誰かに見られる訳でも無いし、

 

片付けてから出かける時間も無いし、「ま、いっか。」と思い、そのまま出かけたら、

 

そんな日に限って、主人が会社から早く帰って来たのでした。

 

診察を受けて、目薬を貰って、急いで帰宅すると、

 

「どうした?何かあった?」と、主人。

 

出先にも連絡をくれていましたが、私が気付かず返事をしなかったので、

 

心配していたようです。

 

こんなに散らかったまま出かけるなんて、

 

何かあったなと思い、連絡をくれたんだそうです。

 

家が整っている事が、いつの間にか家族にも当たり前の事になっていて、

 

散らかっていたら、何かあったのかと心配してくれる・・・。

 

私が好きでしてきた片付けですが、ちょっと嬉しく感じる出来事でした。

 

f:id:odayakani03:20170512142903j:plain

 

何年も前、娘のお友達のお母さんが他のお母さんに、我が家のことを、

 

「几帳面なのが分かるお宅よ。」と話しているのを聞いて、

 

何だか悲しい思いをしたことがあります。

 

娘のお友達のお姉ちゃんが、我が家に遊びに来ると「お家がキレイでいいな。」と、

 

よく言ってくれていたので、きっと快く思われていなかったのでしょうね。

 

それから自分の中では、片付けをして「スッキリしてきたな。」と思う度に、

 

几帳面なのが・・・という言葉が浮かんできて、

 

ちょっと複雑な気持ちになっていたんです。

 

でも、今回の主人の言葉を聞いて、人にどう思われようと、

 

私たちの暮らしやすさが一番、と思えるように(*^_^*)

 

これからも、どんどん家を整えていこうと思います!

 

でも、一人で暴走しないように、気を付けます(^^;)

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 


にほんブログ村